コンディショニングマットレス[エアー]正規販売店(全タイプディスプレイ)

 

当店はコンディショニングマットレス[エアー]の正規販売店(西川チェーン)です。

基本的に全モデルの[エアー]を展示し、体感いただくことが可能です。


コンディショニングマットレス[エアー]のラインナップ

[エアー]は主として4グレードのラインナップからなります。

[エアー01SE] 

[エアー01SE]マットレスは、快適な睡眠へと導く特殊立体波形凹凸構造。

敷き寝具に求められる「体圧分散」「寝姿勢保持」の機能を高めることで、快眠をサポート。質の高い睡眠を提供します。

[エアー03]

[エアー03]マットレスは、快適な睡眠へと導く波形プロファイル構造を進化させ、クッション性や通気性をより高めた次世代モデル。

体圧分散性と安定感に優れ、スリーピング・パフォーマンスの向上を実感できるサポート・ギアです。

[エアーSI]

[エアーSI]マットレスは、日々のセルフケアのために開発された特殊立体クロススリット構造マットレス。

横向き、仰向け、どちらの寝姿勢でも肉体をバランスよく支える快適な睡眠環境を実現。明日の活力を求める人のコンディショニングをサポートします。

[エアーSX]

 

しなやかにボディラインにフィットする柔軟性と、しっかり身体を支える硬度、寝返りしやすい高弾力性。

そのすべてを兼ね備えた緻密なプロダクト[エアーSX]は、新たな調整スリットと、両サイドのエッジを強化したカッティングにより、眠りのフォームを繊細かつタフにサポート。横向きでの寝心地もより快適に、眠りの質を更なる高みへ導きます。

コンディショニングマットレス[エアー]4モデルの違いを独自解説

上記4モデルは、それぞれ用いられるウレタンフォームの種類と組み合わせ、および立体凹凸構造の作りが異なります。そしてその違いは一見するとなかなか複雑です。

そのため一般の方からすると、カタログ的なスペックを見ただけでは、[エアー]のモデルごとの品質の違いがよく分からないのではないでしょうか?

しかしながら[エアー]はモデルごとに寝心地の違いが上手く差別化されています。つまりグレード(価格)が上がるごとに寝心地が良くなっています。

 

当店では全モデルの[エアー]をディスプレイ、ご体感いただけます。

それでは各モデルごとの特徴を分かりやすく独自解説してみたいと思います。

[エアー01SE]

 

[エアー]の入門編 3層構造、1200ポイント(表面凹凸構造の個数) 

2層目に通気性の高いレフレフォームを採用しています。

フロアマットレスの厚みが80㎜と他のモデルよりも薄いため、耐久性は他のモデルと比べて劣ります。

[エアー01SE ベーシック]

 

●フロアマットレス
シングル   44,000円(税込)W 97×D195×H8㎝
セミダブル  60,500円(税込)W 120×D195×H8㎝
ダブル    77,000円(税込)W 140×D195×H8㎝

●ベッドマットレス
シングル   66,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  88,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    110,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

[エアー01SE ハード]

 

●フロアマットレス
シングル   44,000円(税込)W 97×D195×H8㎝
セミダブル  60,500円(税込)W 120×D195×H8㎝
ダブル    77,000円(税込)W 140×D195×H8㎝

●ベッドマットレス
シングル   66,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  88,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    110,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

 

[エアー03]

 

ワンランク上の寝心地 4層構造、ソムニフォーム採用、1200ポイント(表面凹凸構造の個数)

2層目にソムニフォームを採用することで反発力がアップし、ワンランク上の寝心地を実現しました。

またこのモデルからフロアマットレスの厚みが90㎜になり、耐久性もアップしました。

せっかく[エアー]をご購入されるのであれば、[エアー01SE]よりも多少価格アップにはなりますが、[エアー03]の方が寝心地、耐久性の面でコストパフォーマンスが高いと思います。

[エアー03 ベーシック]

 

●フロアマットレス
シングル   66,000円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  88,000円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    110,000円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   99,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  121,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    143,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

[エアー03 ハード]

●フロアマットレス
シングル   66,000円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  88,000円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    110,000円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   99,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  121,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    143,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

 

[エアーSI]

 

[エアーSX]登場以前のフラッグシップモデル 4層構造、1860ポイント(表面凹凸構造の個数)

第1層にムマクフォームを採用。その代わりソムニフォームは使われていません。

[エアーSI]の特徴は立体構造にあります。

1)3×3の凹凸ごとにブロック化することで体圧分散性が向上
2)Xスリット構造により通気性が向上
この2点が、下位モデルとの差別化ポイントです。

 

なお[エアーSI]以上から『レギュラー』と『ハード』で価格差があります([エアー01]、[エアー03]は『ベーシック』『ハード』同一価格です)。

[エアーSI レギュラー]

 

●フロアマットレス
シングル   88,000円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  110,000円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    132,000円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   132,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  154,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    176,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

[エアーSI ハード]

 

●フロアマットレス
シングル   104,500円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  126,500円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    148,500円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   154,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  187,000円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    220,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

 

[エアーSX]

 

[エアー]の最上級モデル 4層構造、1,680ポイント(表面凹凸構造の個数)

第1層にフィット感の高い『フレスフォーム』
第3層に高弾力性の『ソムニフォーム』
を配置しました。

これによりフィット感と反発力を高い次元で両立させています。

 

さらに立体構造に関しては、[エアーSI]と同様『3×3の独立ブロック』および『Xクロススリット』構造が採用されています(ただし上記の図はSIのものを転用しています)。

[エアーSX]に関しては、最上級モデルだけあって、構造的にもよく出来ており、[エアー]の中では最も寝心地が良いモデルだと思います。

[エアーSX レギュラー]

 

●フロアマットレス
シングル   143,000円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  176,000円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    209,000円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   209,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  258,500円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    308,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

[エアーSX ハード]

 

●フロアマットレス
シングル   165,500円(税込)W 97×D195×H9㎝
セミダブル  198,000円(税込)W 120×D195×H9㎝
ダブル    231,000円(税込)W 140×D195×H9㎝

●ベッドマットレス
シングル   242,000円(税込)W 97×D195×H14㎝
セミダブル  291,500円(税込)W 120×D195×H14㎝
ダブル    341,000円(税込)W 140×D195×H14㎝

間違いだらけのマットレス選び

マットレス選びでこんな間違い、勘違いしていませんか?

□マットレスは硬い方が身体に良い
□低反発のマットレスは身体にフィットするので良い
□高反発のマットレスは寝返りが打ちやすいので良い
□有名ブランド・有名人が使っているマットレスを選べば良い
□体格の異なるご夫婦が同じマットレスで寝ている
□試し寝しないでマットレスを選んだ

あなたの大切な眠りのために、正しくマットレスを選びましょう。

間違いだらけのマットレス選び&当店のマットレスご提案方法はこちら

オーダーメイド枕

オーダーメイド枕

最近世の中には『オーダーメイド』を謳う『枕』が数多く出回っています。『一体どう違うの?』『どれが良いの?』と思っておられる方もきっと多いはず。

当店のオーダーメイド枕が、スタート以来15年間お客様から選ばれ続けてきた理由を、自称『日本一文章を書くのが好きなふとん屋』が熱く語ります。

オーダーメイド枕のページはこちら